トピックス

社会人リカレント講座2017~学び直したい技術者等のための基礎講座シリーズ~
「金属積層造形技術(中級)~現場導入に向けた技術の習得~」を開講します

【開催趣旨】
 積層造形技術、すなわち付加加工技術は、これまでの除去加工や成形加工といった他の加工技術では不可能であった複雑な形状や内部構造の造形が可能であり、重要な加工ツールの一つとして欧米や国内の企業での導入が進んでいます。しかしながら、金属の積層造形技術は装置だけでなく、材料(粉末)や造形データの作成方法に至るまで様々なノウハウの蓄積が必要であり、人材の育成が急務となっています。
 本講義では,金属積層造形装置(SLM280HL)を用いた造形実習を通して、金属積層造形技術の生産現場への導入に向けた技術・知識の習得を目指します。
>>昨年度の様子はこちら

【日  時】 平成29年11月25日(土) 10:00~16:00(休憩 12:00~13:00)

【場  所】 近畿大学次世代基盤技術研究所 
      (東広島市高屋うめの辺1番 工学部キャンパス内 Tel:082-434-7005)

【対象者】 企業の技術者で以下のどちらかに該当する方
          ・昨年度の本講座受講者
          ・積層造形(樹脂等)に携わっている、または経験を有する方

【募集人員】 10名

【受講料】 10,000円(材料費)

【テキスト】 オリジナル資料を配布

【講  師】 近畿大学次世代基盤技術研究所 3D造形技術研究センター 研究員 米原 牧子

【内  容】
(午前)現場導入に向けた金属積層造形技術についてご説明します。
(午後)造形装置SLM280HLによる造形実習を行います。

【持参物】
作業着(または、汚れても良い服装)、帽子、安全靴(または、それに代わるもの)
なお、手袋、ゴーグルはこちらで用意します

【主  催】 近畿大学工学部産学官連携推進協力会、東広島市産学金官連携推進協議会

【共  催】 ひろしまアディティブ・マニュファクチャリング研究会

【申込み締切】 平成29年10月31日(火)

【申込み方法】 受講申込書をダウンロードのうえ下記までFaxまたはE-mailにてお申込みください。
          ※受講料の支払い方法については、受講決定後にご連絡いたします。

【お問合せ・申込み先】 近畿大学次世代基盤技術研究所(担当:倉田・新田・船瀬・川尻)
                Tel:(082)434-7005  Fax:(082)434-7020
                E-mail:riit@hiro.kindai.ac.jp