トピックス

社会人リカレント講座「学び直し 流体の力学」を開催します

近畿大学工学部産学官連携推進協力会「社会人リカレント講座」
~学び直したい技術者等のための基礎講座シリーズ~
「学び直し 流体の力学」

【主催】
 近畿大学工学部産学官連携推進協力会、東広島市産学官連携推進協議会

【趣旨】
 私たちは毎日様々な流れと関わって生活しています。と同時に、工場では機械・電子機器の冷却やエネルギーの輸送・生成、さらには車のまわりの流れ、超高層建築物に吹くビル風、排気塔や煙突からの流れなど、流体を扱う分野は機械工学をはじめとして建築学、化学工学などあらゆる自然科学および産業・工学の分野で非常に重要な役割を果たしています。
しかしながら、流体の運動は複雑なものとして捉えられがちで、“流体力学” は “固体力学” に比べて幾らか難解なように受け止められています.流れをうまく利用するためには、まずは流れの性質をよく知ること、次いで流れの仕組みを理解することが大切です。
本講座では、日頃、流れ工学に関わっておられる初級技術者を対象に、上述の観点から、流れ現象を理解することからはじめ、流れの計測法の紹介や、簡単な実験を通して流れの不思議現象を楽しんで頂き、『流体の力学』の学び直しにお役立て頂ける内容としています。

注 記:リカレントとは、「回帰する」、「還流する」、「循環する」という意味で、『リカレント教育』は社会人が、職業上の新たな知識・技術を習得するために、また、日常生活において人間性を高めるために必要とする高度で専門的な教育のことです。

【開講場所】
 近畿大学 次世代基盤技術研究所2階会議室、及び実験室
(東広島市高屋うめの辺1番 工学部キャンパス内  Tel 082-434-7000)

【開講日程】
 平成24年2月4日(土)、2月18日(土)、3月3日(土)
  各日とも10:00~~15:00(休憩 12:00~13:00)

【対象者】  
 企業の初級技術者および流体工学に関心のある方

【募集人員】 
 30名程度

【受 講 料】 
 5,000円(講義テキスト代ほか)

【講 師】   
 近畿大学工学部 機械工学科 教授 角田 勝

【内容】
 1回目 2月4日(土)10:00~~15:00
 <流体の特性とその取り扱い方、流れを表す方法>
  流体の性質や圧力および流れの記述方法の考え方について解説します
2回目 2月18日(土)10:00~~15:00
 <管路系内の諸損失と流れの計測法、流れが及ぼす力>
  流路設計に重要な考え方について解説します
3回目 3月3日(土)10:00~~15:00
 <管内流れや物体周りの流れ特性>
  流体を扱う分野で開発に要する流れ現象について解説します
【申し込み】
 「受講申込書」にご記入の上、平成24年1月21日(土)までにE-mail( riit@hiro.kindai.ac.jp)またはFax(082-434-7020)にてお申し込みください。

>>開催案内>>受講申込書